学習習慣

学習習慣
記憶の種類と年齢の関係

 自由に思い出せる記憶を「経験記憶」、何らかのきっかけがないと上手く思い出せない知識や情報の記憶を「知識記憶」と説明してきました。しかし、記憶の種類はこの2つだけではありません。物ごとの「手順」や「やり方」を記憶する「方 […]

続きを読む
学習習慣
声に出して覚えよう!

 「人に説明する」ことは経験記憶をつくる最大の近道でした。説明することが脳にとってよい理由は他にもあります。説明する時には必ず「声」を出していることです。  一般に、耳を使った学習は、目を使った学習よりも「効果がよい」と […]

続きを読む
学習習慣
覚えたことは人に説明してみよう  

 もっとも手軽な経験記憶の作り方は、覚えたい情報を友達や家族に説明してみることです。一旦覚えた記憶を出力すると、そこにさまざまなキーワードが絡まって整理されます。  そうすれば、「あの時説明した」といった経験記憶になりま […]

続きを読む
学習習慣
記憶の種類

 「記憶」に対してどんなイメージを持っていますか?自分自身の「過去の記憶」を思い出して下さい。何を思い出しましたか。  ・テストで良い点数をとったこと  ・友達との約束を破ってしまったこと いろいろと思い出せるはずです。 […]

続きを読む
学習習慣
得意科目を伸ばそう

 野球がうまい人は、ソフトボールの上達も早いように、ある分野の理解の仕方を覚えると、ほかの分野に対する理解の仕方を助けます。勉強も同じように、ある問題を覚えれば、似たようなパターンの問題にも、科目を超えて応用することがで […]

続きを読む
学習習慣
初頭努力・終末努力

 皆さん、集中力はどのくらい続きますか。  一般に、何か作業を行う時に、初めと終わりが特に集中力が高くなることが知られています。この現象を、それぞれ「初頭努力」「終末努力」と呼びます。つまり、テスト開始直後と終了間際に作 […]

続きを読む
学習習慣
スモール・ステップ法

何か新しいものを習う時には、必ず手順があります。例えば、サッカーボールを蹴ったこともないのに、いきなりオーバーヘッドキックの練習から始めても、習得には時間がかかるでしょう。いや、ケガをして何カ月も進歩が止まってしまうかも […]

続きを読む
学習習慣
脳のゴハン

 三大栄養素には、「タンパク質」、「炭水化物」、「脂肪」があります。どれも体にとっては重要なものばかりです。  脳が使う栄養は主に「ブドウ糖」です。つまり糖分や炭水化物なのです。ブドウ糖を補給すると、脳の働きが活発になり […]

続きを読む
学習習慣
「やる気」は、勉強の原点

 やる気を出すには、どうしたらよいのでしょうか。  実は、「やる気」は、脳の「側坐核」という場所などで作られます。側坐核を活動させるためには、ある程度の刺激が必要なのです。刺激がないと十分な活動をしてくれません。  やる […]

続きを読む
学習習慣
寝る前は記憶の…

 記憶をするのなら、朝型と夜型どちらがよいのでしょうか。  朝に覚えたグループと夜に覚えたグループで、その後どのように記憶が失われていくかという「忘却スピード」のテストが行われました。覚えた直後、12時間後、24時間後の […]

続きを読む